普段からの対応が大事|失敗しない大学受験は塾で対策するのが良い|勉強しやすい環境作り
学生

失敗しない大学受験は塾で対策するのが良い|勉強しやすい環境作り

普段からの対応が大事

学生

基本的な流れとは

受験のときに大切なことは学力試験はもちろんのこと、面接の質問にきちんと答えられるかどうかです。学校を受験するときだけでなく、会社に就職するときにも必ず行われるものですから、日本人にとって面接は切っても切り離せないものです。また、私立の幼稚園や小学校の受験の場合はお子さんはもちろんのこと、その両親も同じように面接の質問に答えなければなりません。面接の質問だけきちんと答えられたらそれでよしというものではないのです。受け答えが適切かどうかはもちろんですが入室するときから退出までが面接の一環ですから、最初から最後まで気を抜くことなくやり遂げなければなりません。これは基本的な面接の流れであって、ほかにもっと大事なことがあるのです。

内容よりも大事なこととは

質問内容に正しく受け答えをするために重要なことがあります。面接官が見ているものはその人の態度や仕草、または表情や話し方であり、これらは面接の6割程度占めていると言ってもいいでしょう。ですから質問内容にうまく答えられなかったというのはあまり重要なことではないのです。人間は緊張しているときは相手と距離を置きながら話をしますが、相手に心を許しリラックスしたときに本当の自分が現れます。ですからわざとフレンドリーな対応をする場合もあり、その人本来の姿を見抜くことを目的としている場合もあるのです。面接は特別なことではありません。普段から誰に対してもきちんとした態度で接し、明るい態度で対応していれば怖いものではないのです。